Welcome to my blog

1980music

1980music

51wGh1n9acL__SS500.jpg

思っていた・・・音とは違いました。
何故・・ですかね、凄く良いAlbumだと思ってました。
でも・・・30年前聴いた音は・・・自分の想像と違っていました。

Singleは・・・というAlbumなんですかね。Powerstation第2段と言っても
間違いない面子が集まっているのですが・・・う~んという音なんですよね
Andy Taylor・Bernard Edwards・Tony Tompsonがバックにいて・・時代は1988年・・・
Powerstation第2段を期待しても可笑しくはないんですよ・・・でも・・・

時代が経ち、何で自分の中でこれほどまでに過大評価されたAlbumだったのだろう・・・
解らないけど・・あのAndyのGuitarの音が好きな時期だったんですね・・と、思っておこう

とりあえず・・Deluxe Editionが出るAlbumではないと思いますが・・
この曲は名曲です。



Palerider
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2016-10-12
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
Palerider  
多分だけど

自分が思っているRod像が、発売当時と今じゃ違うのだろうと思います。聴いている音楽も全然変わっているので、ギャップが出てきたのだろうと思いますが、とりあえず思っている音と全然違いました。

2016/10/19 (Wed) 19:19 | EDIT | REPLY |   
ROSE  
ぼくは...

この作品は、Rod Stewartとして認識していたから、今も変わらず好き。

僕の中では、『ロッド・スチュワート』 - Every Beat of My Heart (1986)→『アウト・オブ・オーダー』 - Out of Order (1988)→『ヴァガボンド・ハート』 - Vagabond Heart (1991)→『リード・ボーカリスト』 - Lead Vocalist (1993)→『アンプラグド』 - Unplugged... and Seated (1993)は、ひとくくりになっている。

これ以降は、ベストを除いて全部処分した。

そしてまた新しい時代がきている。
『タイム〜時の旅人〜』 - Time (2013)→『アナザー・カントリー』 - Another Country (2015)
2枚とも好きだな。

「Forever Young」は、名曲中の名曲。
この曲に出会わなかったら、Rod Stewartを追っかけてないよ!

2016/10/19 (Wed) 17:06 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply