Welcome to my blog

1980music

1980music

永遠の0

ヒーヒー言いながら原作を読んだので映画は地上派で(笑)

振り返ってみると本を読んでから鑑賞なんて記憶にない
もしかしたら初めての経験なのかもしれません(笑)

臆病者の宮部
「私は死にたくありません」という宮部
「生き延びる努力をしろ」という宮部の声が井崎に伝わり一命をとり止める

宮部の言葉、行動に周りは影響を受け、そして宮部も周りの人々から影響を受ける


「十死零生」
特攻隊の狂気はイーストウッドの「硫黄島からの手紙」を思い出したのですが、あちらが二宮君で、こちらが岡田君
ジャニーズの役者さんも良い演技する人増えましたね

うちのお爺ちゃんもアメ公共と言ってたもんなぁ

本が分厚かったので映画はあっと言う間でしたよ!



koolhand
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2017-01-23
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
koolhand  
そうなんだよね

更にそれを感じたのが「ビリギャル」
先日、映画を初めて見た時に『これも読んだぞ!』と思い出した

すると流れや結末まで分かるから、あまり感情移入出来ない
本当、良し悪しだね

2017/01/24 (Tue) 11:05 | EDIT | REPLY |   
ROSE  
『永遠の0』は、映画館で観たけど、撃沈してしまって覚えてない。(笑)

原作読んでは、あんまりないなぁ。
まぁ、40を迎えるまでは、ほとんどが洋画だったから、原作っていってもねぇ。(笑)

僕も原作を読んでは観た映画は、去年の『君の名は。』が初めてやったと思う。
小説読んでも、分からんことだらけやったから、『君の名は。 Another Side:Earthbound』という、複線を描いた小説も読んだ。
これがいかんかった。(笑)
映画を観ても、ほとんどすべての事が分かっているから、感動がない。
あ、あのシーンは、じ~んてきたなぁ。
これは、『君の名は。 Another Side:Earthbound』を読んでないと、わからないかもしれないけど。
原作読んで観るのは、良し悪しって感じかな。

2017/01/23 (Mon) 21:08 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply