アメリカン・ハッスル

ブラッドリー・クーパーが出ているぐらいで後は知らないやと思いきや
エイミー・アダムスは「人生の特等席」ガスの娘役だなんて…
役柄が違いすぎて調べるまで気づきませんでした

一方何処かで見た顔だと思って調べたのがカーマイン市長演じるジェイミー・レナー
ミッション・イン~」や「ハート・ロッカー」で記憶に残っていたようです

そして御大デニーロの登場は迫力と緊張感を作品に与えていました

で、一番驚いたのが監督を調べた時に「ザ・ファイター」の監督だったこと
そしてクリスチャン・ベールにエイミー・アダムスが出演していたことでした!

音楽は良いが兎に角難解なストーリーで疲れる
休日に向きの映画じゃないです

音楽はウイングスにシカゴ、スティーリー・ダンなど我ら世代にドンピシャでしたが
「ザ・ファイター」も良い曲が選ばれていたことを思い出しました





koolhand
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment