Welcome to my blog

1980music

1980music

カーステから流れる、パーティ・ヒギンズ“キラーゴ”

レコードから取り出すはネット・ドヒニーのハート・キャンディ
選曲は1曲目“愛を求めて”

別所哲也演じる吉岡が持つレコードはジョン・オバニオン
選曲は“僕のラブ・ソング”

ミニFM Kiwiのエリアが広がり最初に流れる曲は
ラリー・リー“ロンリー・フリーウェイ”


またまた登場のパーティ・ヒギンズ“カサブランカ”
流れるシーンでは車のフロントガラスに、『ばーか』と口紅で書かれていた

松下由樹のスレンダーなビキニ姿が悩ましい

JDサウザー“ユア・オンリー・ロンリー”
流れるシーンでは受信電波エリア圏外になり車をエリア内に戻して感傷に耽る織田裕二演じる小杉

もう一度長めに流れる“ロンリー・フリーウェイ”から続けて流れる
シェリル・リン“イン・ザ・ナイト”

カラパナのジャケットが出てきて、レコードがターンテーブルに乗るシーンはまるでMV
曲は“ワイキキの熱い砂”

雑誌ポパイに掲載され徐々に注目を集めるミニFM Kiwi

ジョージー・デューク“シャイン・オン”が流れるディスコのシーンは特に時代を感じます


ジェームス・テイラーのジャケットから、TOTO、「聖なる剣」を開封して中の匂いを嗅ぐシーンは懐かしさと共にあの匂いが甦る

カラー・ボノフのジャケットも登場

電波復旧して一番初めに流れる曲“ロザーナ”

BGM的に見たので、ラストよく分からずな映画でした



koolhand
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2017-04-10
Posted by

Comments 2

There are no comments yet.
koolhand  
懐かしい

リアル世代じゃないのに懐かしく感じるのは不思議
自分が小学生から中学生だった頃の世間ってこんな感じだったんだろうね

2017/04/13 (Thu) 20:34 | EDIT | REPLY |   
Jay  
AORが聴ける日本映画はこれ以降無し

俺も先月CSで観た。
前から観たい映画だったのとホイチョイ三部作全部あったんで焼き入れ。
俺も最初はBGM感覚で見ていたが2回目見た時にストーリーが解った。(エアサプライのチケット~とか)
こんなに全編でAORがかかるのが心地好いのもいいね。
思わずカラパナのベスト買ってしまった。またこれがいい。
ただ黒ミポリンがちょっと...黒松下由樹さんは水着の日焼けがたまらない。
また見ようっと。(今月も再放送有り)

2017/04/10 (Mon) 20:29 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply