おとなのワケあり恋愛講座

原題は“Some Kind of Beautiful”

訳せば「いくつかの美しい種類」
こりゃナイス過ぎる邦題です

主人公のイギリス人大学教授演じるはピアース・ブロスナン
教え子ケイトに手を出して胎ませるプレイボーイ

ケイト演じるジェシカ・アルバはアメリカ人
大学教授はケイトと共にアメリカロサンゼルスに渡る

無時に息子が産まれ幸せな日々を送れるかと思いきやケイトの不倫に教師の仕事も上手くいかない日々

そこにケイトの姉オリビアが登場
オリビア演じるのはサルマ・ハエック
2004年に「ダイヤモンド・イン・パラダイス」でピアース・ブロスナンと共演
今作が2014年なので10年振りの共演です!
サルマ・ハエックと言えば「バンディダス」が浮かぶ俺はマニア?(笑)

大学教授は次にオリビアに興味を持ちと節操ないストーリー
しかし暗さは全くなく気軽で気楽な展開

イギリス人とアメリカ人の違いがユーモラスに描かれています
Wax〝American English〟が浮かびます

そしてなんと怪優マルコム・マクダウェルが大学教授の父親役として登場
マルコムと言えば「ブルーサンダー」「時計じかけのオレンジ」に見たことないが「カリギュラ」(笑)
この人を見るといつもスティングが浮かびます



koolhand
関連記事
スポンサーサイト

0 Comments

Post a comment