FC2ブログ
続・80’sのひとり事

世界にひとつのプレイブック

2017/10/16
映画 0
タイトル、プレイバックだと思ってましたが「プレイブック」なんですね

心の病を抱えた主人公演じるブラットリー・クーパーに、ちょいとネジの外れた父親役を演じるロバート・デニーロ
主人公同様に心の病を抱えた女性ジェニファー・ローレンスを軸に話しは進んでいく

心の病を持つ息子を抱えた家族と周りの人達が織りなす人間模様は不器用で切ない場面が多い

家族や周りのイライラ感が伝わる演出は見事で、心の病を抱える人だけが大変ではないと知らされる

“マイ・シェリー・アモール”が流れたら精神がおかしくなるメンタルなんて健常者には分からない描写だろうが
普通に生活をする事が大変だと言われてるようで複雑な気持ちにもなる

それでもメンタルに問題を抱えたままの2人がダンス・コンテストに出て
10点満点中、5点を取った事で再出発となるラストには感動

「人生10点満点じゃなくていいんだ」
「みんな必死に生きてるんだ」
という強いメッセージがこの映画にはある



koolhand
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
映画