Welcome to my blog

1980music

1980music

1.Woo Sé Mama
2.Nova
3.Long Long Road
4.She Moves With The Fayre
5.The Cranes Are Back
6.Hopper
7.New York
8.One Tear
9.Satellite Kid
10.The Impossible Idea

Japan Bonus Tracks
11.Alpha
12.She Moves With The Fayre (Villagers Remix)
13.Satellite Kid (Syd Arthur Remix)



2010年“Wake Up the Nation”
2012年“Sonik Kicks”
2015年“Saturns Pattern”

そして今作“A Kind Revolution”と2010年代に入り4作もアルバムを作る兄貴には頭が下がる思い
一方、ご尊顔をジャケで見ると美青年も流石に老けた(急速に?)なと淋しい気持ちに

アルバム自体は全く老けこんでないのだが、何だろう?
昔の焼き直しなんて表現すれば兄貴に失礼かもしれないが、どれも同じように聴こえるし
2010年以降のデモを集めていないかなんて下衆な勘繰りをしたくなる
楽曲へのモチベーションが下がっているのか、時代の寵児に陰りが見えるのか

オープニングのWoo Sé Mamaや懐かしやボーイ・ジョージ参加のOne Tearなど耳に残る曲もあるのですが…

ここ2作のサイケ寄りが少なくなっているのは歓迎ですが“As Is Now”や“Wake Up the Nation”
路線か最近ProしたStone Foundation路線をやってほしいなぁ







koolhand
関連記事
スポンサーサイト
最終更新日2017-10-13
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply