FC2ブログ

続・80’sのひとり事

スリーデイズ


不思議なことに鑑賞後に感想を書いてなかった
これ以前見た事あるのではと思いつつ録画

彼女に『これ見た事あると思うんだけど?』と問うと
荒筋をサラサラと話し、ラストの排水溝にボタンまで覚えてました

それぐらい面白い作品だったのに何故書き忘れたのだろうか?
リーアム・ニーソンがゲスト的な出演をしていた事も覚えてたのに不思議だ…

冤罪で獄中に居る妻を脱獄させるために奮闘する夫、ジョンを演じるラッセル・クロウ
リーアム・ニーソン演じるデイモンから脱獄の指南を受け実行に移すのですが…

多少のご都合主義はあるものの、ジョンの父親が見せる要所要所での家族愛や
子供を見捨てることが出来ない夫婦の姿など心熱くなるストーリー

ジョンが失敗を重ねても且つ不屈の精神で乗り越えていく事でラストの親子三人の安堵な時間が手に入った

しかし、デイモンがジョンに伝えた「捕まったのではなく、逃げる事に疲れて自首した」という事実が
ここに来てジョンに重く圧し掛かってくるのだろう

少しニューシネマの香りも感じる見事なぐらいよく出来た映画です



koolhand

関連記事
スポンサーサイト



1980music

Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit, sed do eiusmod tempor incididunt ut labore et dolore magna aliqua. Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation.

Leave a reply







管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks


trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/4675-6e212c2a