FC2ブログ
続・80’sのひとり事

NHKの「ハゲタカ」が帰ってきた!!

2018/12/04
TV 2
91614.jpg

再放送情報をバーネットさんのtwitterで知り録画
初回放送から11年も経過しているのか…

人生の悲劇は2つしかない

ひとつは金の無い悲劇
ひとつは金のある悲劇


前回同様にやはり自分は第3話が一番好きだ

「終わりなき入札」

常務取締役の飯島が芝野に言う
『かっこええな お前はいつもかっこいい だから駄目なんだ』

芝野の同期、沼田が言う
『お前は何にも見えてない いや 見ようとしてない
這いつくばって罵られてそれでも与えられた仕事をひとつひとつこなしていく
辞めないのも勇気だよ 芝野』

この時点で気づいていない芝野が気づき最終話へと突入する
全く色褪せていない心揺さぶられるドラマでした





koolhand
関連記事
スポンサーサイト



Comments 2

There are no comments yet.
1980music

koolhand

ありがとうございます

パロディCMの存在知りませんでした
笑えたのですが見て良かったような悪かったような…(笑)

役者さんの熱演素晴らしいものがありましたよね
1回目は鷲津側で見ていたのですが、2回目は芝野側で見ている自分に不思議な感覚をうけました
映画も再度見てみたくなりました

バーネットさん 色々な情報ありがとうございます!

2018/12/05 (Wed) 10:11

バーネット

NHK 大森南朋版の「ハゲタカ」今でも色褪せない魅力ある作品でしたよね。
先日の再放送の際、twitterのTLも賑わっていたようです。

西野屋旅館の宇崎竜童の演技などリアリティと緊迫感を感じましたが、数多くのドラマ評を
ブログに載せ、債権回収なども手掛けていた故ブタネコさんによると実際の経営者の反応は
違うとのことでした。
でも、リアル風なエンターテインメントと捉えると重厚でお気に入りの作品です。
DVD-Boxも速攻で買い求めましたし、映画も数回観にいきました。

大森南朋は鷲津役が出世作で、その後の龍馬伝の武市半平太役も印象的でしたね。
菅原文太さんと大杉漣さんの演技も印象的で、代表作のひとつと言えるのではないでしょうか。
西野治役は中村獅童ではなく松田龍平で正解だったでしょうね、お二人とも狂気を表現するのが
上手い印象ですが、松田龍平のそれは故松田勇作さんが乗りうつったかのようでゾクッとしました。

https://www.dailymotion.com/video/x7fc2c

2018/12/05 (Wed) 04:45
TV