FC2ブログ
続・80’sのひとり事

100本のオススメ映画 第28回 ~ROSE編その7

2018/11/24
100本のオススメ映画 0
11月24日。
この日に『ボヘミアン・ラプソディ』を観賞することになるとは...
あの日から、27年。
1991年11月24日、僕はラジオでフレディの死を知った。
前の日に、「彼は、AIDSであることを公表し、治療に専念する。」と発表したばかりだったのに。(ちなみにこれもラジオで。)
信じたくなかった僕は、誤報であることを真剣に願った。
しかし、それは叶わぬものだったが...

先日、Paleriderから『ボヘミアン・ラプソディを観ないのか?』って電話をもらって。
その時に、「僕はこの映画を、5月16日から待っていたのに、都合がつかなくて行けなかった。なんか出遅れた感じだよ。」と。
そして、来週には観たいとも言った。
その日が11月24日だなんて考えていなかった。

当然だけど前の日から、どこの映画館でどの時間に観るか考えていた。
知り合いのみどりさんは、満席で観られず違う時間の違うVer.(?)を鑑賞する羽目になったと聞いていたので、朝一番にすることに。
何処で観るか悩んでいたところ、ユナイテッド・シネマで「先着限定入場者プレゼント、『ボヘミアン・ラプソディ』ポストカードセット(3枚組)(非売品)」がある事を知り、場所も決まったかのように見えた。
しかし、ユナイテッド・シネマの朝一の回には少し問題があった。
それは『応援上映』での上映だと言う事。初めて耳にする言葉。
ザックリ言うと「拍手OK!手拍子OK!発声OK!」
ん~ん、悩んだ結果、あまり気にすることをないだろうと思い、ポストカード欲しさにユナイテッド・シネマで鑑賞することにした。
嬉しいことに、この決断が吉と出た。

postcard.jpg


正直映画のあらすじは、この映画を観なくても分かっている事。
それでもこの映画を観てもらう価値を、作り出さなければならないのがつらい所。
しかし、これが普通の物語だったとしても、しっかりした映画作りがされている。
4人それぞれが、激似ではないがしっかり感じをつかんでいたし、Brian Mayなんかは、いい感じだった。本物の彼がそんな風な感じであるかのようで。

で、今回初体験の『応援上映』なんですが、映画館はパッと見年齢層は若くはなく落ち着いた感じだったので、「拍手OK!手拍子OK!発声OK!」と言っても普通に映画を観ているのと変わらない感じだった。
あの曲がかかるまでは。
そう、あの曲とは、ご存じ「We Will Rock You」。
ブライアンのアイデアで、手拍子・足踏みをするシーンがあるのですが、そこで映画を観ている観客から手拍子がおこった。
「お~お。」と感動し、もちろん僕も手拍子をした。
そこから先はお分かりですよね。(笑)
『LIVE AID』では、パブリックビューイング状態。
僕の周りの方々は、はっきり声にはなっていませんでしたが、軽く口ずさんでる感じでした。
『ボヘミアン・ラプソディ』を『応援上映』で観て本当に良かったです。
もし、時間があれば今度は普通に観たいです。

ROSE
関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
100本のオススメ映画