FC2ブログ

続・80’sのひとり事

4人がそれぞれの想いを綴ります
1980music

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← Livin' Right #50

100本のオススメ映画 第33回 ~Jay編その9~

『世界の中心で、愛をさけぶ』
2004年/日本/138分
監督:行定 勲
主題歌:瞳をとじて/平井 堅
主演:大沢 たかお
柴咲 コウ
長沢 まさみ
森山 未來
山崎 努
映画もドラマもどちらも見て泣いた作品。
内容は説明不要。
前の『君の膵臓をたべたい』とストーリー似ていると思ったが最後は別物でした。
どちらも過去と現在の世界が描かれていて過去は両方共に高校生時代。
両方の映画共、自分が高校生の時に見ていたらどういう感情で見ただろう そう思わせる二作品でした。
とにかく泣ける。
20190106163442101.jpg

(予告)
https://m.youtube.com/watch?v=JcM01mIBZdc

by Jay
関連記事
スポンサーサイト



100本のオススメ映画 第32回 ~ROSE編その8 →

2 Comments

ROSE says..."あっ、"
ここで言っている、見直しは、再評価ではなく、もう一度観たです。
自分で書いてて、何かしっくりかなかったので、注釈をつけさせてもらいました。
2019.01.13 23:25 | URL | #- [edit]
ROSE says..."今、原作読んでいるところ。"
これみて、映画見直したよ。
そうそう、『君の膵臓をたべたい』は、『世界の中心で、愛をさけぶ』のオマージュだと感じた。

『君の膵臓をたべたい』は、小説、コミック、映画すべて制覇したよ。
僕は小説が一番好きだな。
良く観てないからかもしれないけど、あの終わり方は意味が不明だ。
一緒の必要はないけど、小説とコミックとは違った。
2019.01.13 22:00 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/5118-ff27588c