FC2ブログ
続・80’sのひとり事

パリ、テキサス~Paris,Texas~

2019/05/08
映画 0
91HyJqOW_xL__SX342_.jpg

製  作 クリス・ジーヴァニッヒ
/ ドン・ゲスト
監  督 ヴィム・ヴェンダース
出演者  ハリー・ディーン・スタントン
/ ナスターシャ・キンスキー
/ ハンター・カーソン / ディーン・ストックウェル

ナスターシャ・キンスキーの振り向いた顔の
チラシが忘れられずいつか観ようと思い、
長い長い年月が経ち
やっと2019年に観ました。
約40年ですか・・長い年月ですね

脚本がサム・シェパード
音楽がライ・クーダーという
知っている人が見れば・・あー
という映画だとは思いますし、
観た限り・・
制作がフランスと西ドイツの合作で、監督が
ドイツのヴィム・ヴェンダースだからこその
映画ですね・・

この映画、ハリー・ディーン・スタントンの
淡々とした演技も好きだったのですが
でも、弟役のディーン・ストックウェルの
身内だけど・・このままでは・・
という淡々とした中でも
苦しみの表情が・・印象に残っています。

この映画、ロード・ムービーですので
淡々とはしています。・・でも、観ていて
凄く楽しいとも思えないし・・哀しいとも
観ていて、苦しい映画でした。

2回観ると多分違う視線で観れるとは
思いますが・・多分、観ないでしょう。
でも、面白いと思えた映画でした。



Palerider



関連記事
スポンサーサイト



Comments 0

There are no comments yet.
映画