fc2ブログ

4人がそれぞれの想いを綴ります

私の中の100曲~koolhand編その11



歌手:ELECTRONIC
曲名:Getting Away With It

リリース:1989年
作詞作曲:Bernard Sumner/Johnny Marr/Neil Tennant



この共演には大興奮した!
まさかバーニーがニール・テナントと組むなんて…

ELECTRONICはバーニーとジョニー・マーのユニットとして結成された
ファースト・シングルとしてリリースされたこの曲はニール・テナントの参加は勿論だが
ドラムにデビット・パーマー(元ABC)と超強力な面子でリリースされた
ジョニー・マーのギター・ソロが味わい深いエレポップ珠玉の名曲

バーニーとニール・テナントはこの後“DISAPPOINTED”で再共演を果たす
こちらも甲乙つけ難いぐらい名曲だがインパクトは“Getting Away With It”



New OrderとPet Shop BoysとABCの組み合わせが最高過ぎると、仲間達と話していた高校時代が懐かしい…



koolhand
関連記事
スポンサーサイト