fc2ブログ
映画

逃げきれた夢

IMG20230615191502.jpg

前情報一切なしでタイトルと光石研さん主演に惹かれ鑑賞
初めてキノシネマで鑑賞したが、シートがリクライニング出来て間隔が広く快適
上映が始まり驚いたのが制作が「木下グループ」だった事、キノシネマで観るとは感慨深い

IMG20230615191526.jpg

主人公の高校教師、末永周平は病がきっかけで自分の人生を振り返る
が、大した事も成し遂げておらず、病と周りとどう向き合って良いのか分からず狼狽するばかり

家族は上手く行かなかったが、仕事は上手く行っていると思っていた周平だったが現実は違い…
自己保身、自分自慢、自分勝手を周りから指摘され、どうして良いのか分からなくなる
ただただ、しゃーしくて情けない(笑)

「他人のことなんてどうでもいいくせに」
教え子の平賀からの厳しい言葉に何も言えなくなる周平
平賀と周平が向き合うシーンは緊張感があり、情けないおっさんが露呈するばかり

IMG20230615211145.jpg

それでも「正直に言えば…」って本音が出た周平の表情は少し吹っ切れたような感じだった
還暦間際のおっさんの気持ちが痛いほどよく分かる自分は50代半ば
周りが思う自分と本当(本音)の自分が見透かされているように思えた
会社人を精一杯演じてきたからなぁ…

鑑賞後、タイトルについて考えと思いを巡らせたが答えは分からず仕舞いだった
もう一度見なきゃ駄目だな

このドラマむちゃくちゃ好きだったなぁ


koolhand






関連記事
スポンサーサイト



コメント

コメントがありません。

コメントの投稿








管理者にだけ表示を許可する

トラックバック