FC2ブログ

続・80’sのひとり事

4人がそれぞれの想いを綴ります
1980music

Just let this happen. We just let this flow right out of our minds. Just relax and let it flow. That easy.

← <訃報>ポール・ニューマンさん83歳

MTV クラシック チャート・1986年5月のTop10

1.The Greatest Love of All / WHITNEY HOUSTON
2.Kiss / PRINCE & THE REVOLUTION
3.Addicted to Love / ROBERT PALMER
4.West End Girls / PET SHOP BOYS
5.Manic Monday / BANGLES
6.R.O.C.K.In the U.S.A / JOHN COUGAR MELLENCAMP
7.Why Can't This Be Love / VAN HALEN
8.What Have You Done for Me Lately / JANET JACKSON
9.If You Leave / O.M.D.
10.Harlem Shuffle / THE ROLLING STONES

今回は当時の印象を思い出しながら語ります。健忘リハビリかこまり

10位は苦手でしたね~。ミックスド“レオタード”エモーションで初めて好きになれた自分です。
9位はO.M.D. の中ではあまり好きな曲ではなかったのですが、何故か見栄を張り、高校時代の友人達にO.M.D. を聴く人は硬派でセンスがイイなんぞをのたまっていた記憶が・・・。
8位はマイケルの妹から脱却を図っているJANTEと言うよりも、ジャム&ルイスの踊り子のような印象がありました。
7位はダイヤモンド・デイヴが脱退した後だったのですが、んな事を1曲で払拭するような衝撃でした。
6位と言えばPalerider=泥臭いでしょう。が、この曲は違いました。名曲「ジャック&ダイアン」と迷曲「ポップ・シンガー」と双璧するぐらい好きな曲です。ちなみに平井堅の「ポップ・スター」を初めて聴いた時にJOHN COUGARを思い出しました。

5位はプリンスが作ったって事と、外人も月曜日は嫌なんだなと子供心に思っていました。
4位は一聴してガツンときました。当時は仲間内はおろか、バラカンからも「ミャーミャー声」と馬鹿にされる始末でしたが、僕は絶対に売れ続けると思いました。結果、そうなったので、本気でバラカンにハガキを送ろうと考えた事もありました。
3位はPVでしょう。今もこのPVをパロったり、リメイクしたりする人がいるぐらい歴史に残るPVでしょう。
2位は苦手でしたね。僕がPRINCEを好きになりかけたのが「ラズベリー・ベレー」だったのですが、Kissでまた苦手になりました。アート・オブ・ノイズとトム・ジョーンズが組んだカバーは結構好きだったんですけどね。
1位は問答無用の名曲でしょう。僕の中でのWHITNEYは3枚目までです。ボビ男に壊されなければ、もっと活躍出来たでしょうね。

koolhand
関連記事
スポンサーサイト



This Is Not America―David Bowie With The Pat Metheny Group →

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://1980musics.blog118.fc2.com/tb.php/917-65c81c7f